スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 詠観  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

思考の迷路






バイト中に色々考えてみる


日本語。


今日の頭中の議題は「かける」


×掛ける賭ける書ける欠ける駆ける架ける描ける・・・・・・・etcetc



一重に言っても「かける」と言うだけで色んな意味がある


でも、字にしてみると少し見えた気がする


ちょっと希望や良い事が起こりそうな感じ、そして使い方次第では真逆の意味だったり




掛ける・・・・・良い例ですと「願を掛ける」でしょうか

でも使い方を変えれば

呪いを掛ける。


んー、あまりよろしくないっ



「願を掛ける」

にスポットを当ててみよう



願を掛ける(願掛)・・・・・神に願い事をして、その代わりに自分に一定の行為を課す事が普通(お百度参り等)

なんかちょっと良さげな感じ



漢字を変えてみよう



願を賭ける


賭けてどうするのさっ



という事で頭も変えてみよう



顔を賭ける

おぉ・・・・・何か意味深に


という事は、、、


顔を賭ける=自分自身を賭ける、と言う事?

顔と言えば別の言い方をすれば面子、ですね


その賭けに負ければ面子はボロボロ、要するにもうダメぽ状態


勝てば面子が立つ、つまり「顔が立つ」


顔を立てるというのは相手に免じると言う事



ふむ・・・・結構発展したような・・・・・



じゃあ元に戻ってみよう



願を掛ける


願を書ける


一言で表せば、七夕でしょうか

願い事を短冊に書いて竹にくくりつけ、彦星と織姫に願い事をする行事ですね


適当に書いて行くと墓穴掘りそうなのでここでwikiの登場










織女星と牽牛星の伝説

説話
こと座の1等星ベガは、中国・日本の七夕伝説では織姫星(織女星)として知られている。織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。夏彦星(彦星、牽牛星)は、わし座のアルタイルである。夏彦もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。めでたく夫婦となったが夫婦生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなった。このため天帝は怒り、2人を天の川を隔てて引き離したが、年に1度、7月7日だけ会うことを許されていた。しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず牽牛も彼女に会うことができない。その時は、二人を哀れんでどこからか無数のカササギがやってきて、天の川に自分の体で橋をかけてくれるという。星の逢いびきであることから、七夕には星あい (星合い、星合) という別名がある。

古典文学として上記のようなストーリーとなった七夕説話であるが、長い歴史のなかで中国各地の民話としてさまざまなバリエーションを生じるにいたった。それらは地方劇で上演され、戯曲の題材となった。そのなかで有名なものに京劇などで演じられる『天河配』がある。その内容は牛飼いの牛郎(牽牛)が水浴びをしていた天女の一人である織女の衣を盗んで夫婦となるが、やがて織女は天界に帰り、牛郎は織女を追って天界に昇るものの、織女の母である西王母によって天の川の東西に引き裂かれるというものであり、羽衣伝説のようなストーリーすなわち白鳥処女説話となっている。



風習
殆どの神事は、「夜明けの晩」(7月7日午前1時頃)に行うことが常であり、祭は7月6日の夜から7月7日の早朝の間に行われる。午前1時頃には天頂付近に主要な星が上り、天の川、牽牛星、織女星の三つが最も見頃になる時間帯でもある。

全国的には、短冊に願い事を書き葉竹に飾ることが一般的に行われている。短冊などを笹に飾る風習は、江戸時代から始まったもので、日本以外では見られない。「たなばたさま」の楽曲にある五色の短冊の五色は、五行説にあてはめた五色で、緑・紅・黄・白・黒をいう。中国では五色の短冊ではなく、五色の糸をつるす。さらに、上記乞巧奠は技芸の上達を祈る祭であるために、短冊に書いてご利益のある願い事は芸事であるとされる。

イモの葉の露で墨をすると習字が上達するといい、7枚のカジ(梶)の葉に歌を書いてたむける。俊成の女の歌に「たなばたのとわたるふねの梶の葉にいくあきかきつ露のたまづさ」とある。

このようにして作られた笹を7月6日に飾り、さらに海岸地域では翌7日未明に海に流すことが一般的な風習である。しかし、近年では飾り付けにプラスチック製の物を使用することがあり海に流すことは少なくなった。地区によっては川を跨ぐ橋の上に飾り付けを行っているところもある。

地域によっては雨乞いや虫送りの行事と融合したものが見られる。

北海道では七夕の日に「ローソクもらい(ローソク出せ)」という子供たちの行事が行われる。

近年の台湾では、バレンタインデーと同様に男女がプレゼントを交換する日とされている。

他方、商店街などのイベントとしての「七夕まつり」は、一般的に昼間に華麗な七夕飾りを通りに並べ、観光客や買い物客を呼び込む装置として利用されており、上記のような夜間の風習や神事などをあまり重視していないことが多い。









雨が降ってしまうんですか・・・・・そういえばそこらへんのくだりをすっかり忘れてました


願掛けの為に願を書き、逸話では二人は駆け落ち・・・?・・・・・・じゃないかw






掛けに書けて駆ける、まさに「かけておちる」


お後がよろしいようで・・・・・・<(__)>




ちゃららん、ちゃらん♪












ちょっと今日の記事は新境地気味でしたがコメント返信w



>菱さん

うちは最初から辞書に登録してますが((((´∀`*))))ケラケラ
もち携帯にもね(`・ω・´)b



>るりさん

名前の訂正とかもうどうでもry

掲示板かー、新しくておきながらノータッチという辺りが無計画すぎるっ
考えておきますねw
ちなみに前の掲示板も書き込みできますよw





一言

ちなみに今日書いた記事は昨日消えた記事と全く内容に関係ありませんw


スポンサーサイト
by 詠観  at 23:59 |  リアル日記 |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

コメントしにくい日記ですなぁ(笑)

明日の日記の伏線か
裏になんか意味がありそうと予想してみたり(^^)


俺の仕事中の脳内は ほぼ エロいです(笑)
by 菱縛り 2007/11/20 21:14  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

詠観

Author:詠観
0131 詠観
Main:詠観
Lv:152 ダークナイト
所属ギルド:お茶(副マスター)

1007 冬雪

Sub1:xx冬雪xx
Lv:92 プリースト
所属ギルド:Eternal(副マスター)

Sub2:非公開
Lv:36 アサシン
所属ギルド:非公開


他倉庫キャラ&育成途中キャラ多数

メインで活動してるのは上記のSSのある2キャラのみです。
同じ読みで漢字だけ変えた、所持してるキャラの名前の前後に文字を入れた系のキャラは所持しておりません。(例:詠美、o詠観o等々)
サブや倉庫の名前は所持してる全キャラ通して全く被らせていません。
似た名前の人からの詐欺等はお気をつけください。

DKnetバナー

FC2カウンター
FC2ブログランキング
押せば良い事あります♪

FC2Blog Ranking

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
♪BGM
©Plug-in by PRSU

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。